本文へジャンプ

世界かんがい施設遺産を学ぶヒストリーツアー
~水のトンネルを歩こう~

水土里ネット七ヶ用水


隧道見学

 10月20日、水土里ネット七ヶ用水は、「世界かんがい施 設遺産を学ぶヒストリーツアー」を開催し、大人42名、子供16名が参加しました。
 参加者は、大水門や展示施設がある「白山管理センター」を訪れ、水土里ネット七ヶ用水の職員から、明治36(1903)年に造成され100年以上経った現在も利用されている大水門、隧道、給水口について、造成当時の苦労や現在に至るまでの用水の歴史や様々な役割について説明を受けました。


白山管理センター

 つづいて、通常入ることが出来ない隧道内を歩いて見学し、七ヶ用水の歴史や、農業用水の様々な役割について、理解を深めてもらいました。